電子マネーつきのクレジットカード

###Site Name###

電子マネー機能のついたクレジットカードもあります。

このようなクレジットカードは1枚で電子マネーとクレジットカードの両方の使い分けをすることができ、非常に便利で使い勝手のよいカードになるでしょう。

ある程度高額の支払いのときにはクレジットとして使い、少額の支払いのときには電子マネーとして使うことで、どちらの場合でもスマートは支払いが可能です。

また、クレジットから電子マネーへのチャージでもカード利用代金として計算される場合があり、その場合は当然カード利用のポイントがつきます。
多くの電子マネーは電子マネー利用金額に応じてまたポイントがつきますから、クレジットから電子マネーへチャージし、その電子マネーを使うことで2回ポイントがもらえるというちょっとした技もあります。



注意点としては、チャージ型の電子マネーはいったんチャージすると原則として払い戻しができないことです。



また、クレジットカードはたとえ紛失して不正利用されたとしても原則的には補償されますが、電子マネーに関してはこのような補償がありません。
そういう意味ではチャージのしすぎには気をつけたほうがよいでしょう。


また、一般的に電子マネーには有効期限はありませんが、クレジットと一体型の場合、クレジットカードのほうには有効期限があり、その期限をすぎると電子マネーへは新たなチャージができなくなります。



ただし、既にチャージしてある分まで無効にはなりません。