リボ払いでクレジットカードの支払いを楽にする

###Site Name###

締め日までのクレジットカードの利用分は、翌月の支払日にまとめて請求されます。
わかりやすいルールですが、カード払いによる締め日までの購入金額が高すぎてしまうと、翌月の支払日に一気に負担がのしかかってしまうのが難点です。支払日の負担を減らす方法として、クレジットカードにはリボ払いという仕組みが用意されています。



リボ払いは分割払いと比較されることが多いですが、仕組みが少し違います。


分割払いは1回の支払いごとにその代金を指定回数だけ分割して、少しずつ支払っていく方法です。

リボ払いは代金の支払いごとではありません。
直前の締め日までに使ったクレジットカードの利用残高に対して、月々に分割して支払っていくことになります。

月々に分割する際には、特に回数などは決まっていません。
毎月の支払金額を定額で設定して、利用残高がなくなるまで月々の返済を繰り返すことになります。



例えば、締め日までの利用残高が1万2000円であった時に、月々定額の3000円を設定すれば、4回支払った時点で完済となります。

正確にはリボ払いにすると分割払いと同じようにクレジットカードに設定されている金利に応じて利息が発生しますので、もう少し支払い回数が多くなります。

定額の支払金額に達しない月に対しては、残高のみを返済すれば完済として処理されます。



自分で金額を決められる場合と、カード会社が予め設定する、利用残高に応じた定額で支払っていくパターンがあります。