クレジットカードを作ると信用情報に影響するか

###Site Name###

クレジットカードを作ると信用情報に影響するかという疑問について、個人信用情報機関にはクレジットカードやローンなどの利用状況が記録されるものなので影響はあります。


ただし、記録されるというだけなので利用方法に問題がなければ悪影響はなく、カードの利用歴であるクレジットヒストリーが必要になるクレジットカードもあります。問題のある利用方法としては返済の遅延が挙げられます。

遅れた時点ですぐに記録されるものではありませんが、2か月から3か月間、支払いができないでいると長期間の延滞として記録が残ります。

買い物やキャッシングを利用しすぎてしまい、支払いができずに債務整理をした場合にも記録されます。



このような記録は次にクレジットカードやローンを利用したときの審査で参照され、返済できなくなる可能性が高いと判断されるので審査に通らなくなります。

遅延などを起こしていなくても、利用額が多過ぎると影響が出ます。
ショッピング枠には年収に応じた与信枠があるので、利用しすぎると空きがなくなり、カードを追加で発行できなくなります。
キャッシング枠も総量規制の対象になるので、年収の3分の1までしか借りることはできません。申し込みや解約などについても記録されています。



短期間に申込みを繰り返し、審査に落ちている場合には信用に問題があると見られてしまい、落ちる原因になります。



解約についても、キャンペーン目的でカードを発行してすぐに解約していると警戒されるので、半年以上は使っておいた方が良いでしょう。