弁護士になるためにはどうすればよいか

バナー
TOP > 弁護士になるためにはどうすればよいか

弁護士になるためにはどうすればよいか

弁護士になりたいという人は多いと思います。しかし実際に弁護士になるためにはいくつかの条件をクリアし、試験に合格することが必要になります。

法律の相談についての総合情報ポータルサイトです。

特に近年はその数が増え、中には知識の薄い人も増えてしまったことからより質の良い人を多数育成するためにそのカリキュラムが厳しく設定されています。


弁護士になるためには、大学を卒業した後法科大学院にてさらに司法試験に合格するための課程を修了しなければいけないことになっています。


この法科大学院では、大学の法学部などで法律を勉強した人は2年間、それ以外の人は3年間という期間法律に付いて履修し、所定の成績を収めて初めて司法試験の受験資格を得ることが出来るようになります。


しかし、これでは大学を卒業していない人は司法試験を受験できないことになります。



実際には大学を卒業していない人でも予備試験に合格することで法科大学院を修了した場合と同等の資格があるとみなされ司法試験を受験することが出来る様になっています。

しかし、これは非常に合格率が低いため、実際にこの試験に合格している人は数えるほどしかいないのが実態です。

現在では弁護士になるためには、法科大学院で2年ないし3年の履修を終え、その後司法試験を受験することが確実で且つ知識を習得できるため合格してからもその活動がスムーズに進む方法と言われています。



その為、仮に大学を卒業していないなどの条件が合わない場合には大検などで資格を取得してから法科大学院に入学する方法が良い方法です。